fc2ブログ

お家でのセルフケアについて

こんにちは松原市いなだ歯科
こんにちは!歯科衛生士1年目の鈴木です

朝晩は冷える日が増えてきましたね🥶
皆さま日中との温度差で体調を崩さないようにお気をつけくださいね!


今回は、お家でのセルフケアについてお話ししていきたいと思います。

口腔内のセルフケアは、口の健康を維持するために重要です。
まず、歯磨きが基本です🪥適切な歯ブラシと歯磨き粉を選び、歯垢や食物の残りを優しく取り除きましょう。

歯ブラシの毛先が柔らかいものを選ぶと歯ぐきや歯の表面を傷つけにくくなります。また、歯ブラシのヘッドサイズは自分の口に適したものを選びましょう。歯ブラシのデザインやグリップ感なども快適な使い心地を考慮して選ぶとモチベーションにも繋がります!
歯ブラシの交換サイクルは1ヶ月に1回が理想です。歯ブラシの毛がクタってしまうと清掃効率が落ちてしまうので気を付けましょう💡

歯間ブラシやデンタルフロスを使用して歯と歯の間の隙間もきれいにします。
歯間ブラシは歯の間の隙間や歯並びによって適したサイズを選ぶ必要があります。
デンタルフロスは歯間ブラシが通らない歯の隙間に使用することができます。
どちらも間違った使い方をすると歯ぐきを傷つけてしまう可能性があるので、優しく使うことが重要です😮´-

歯磨きのポイント→細かく1本10回ずつをイメージして優しく磨く。
歯間ブラシ・フロスのポイント→歯の側面に沿わすように2・3回ずつ動かす。
口臭対策も大切です。
口臭の原因はさまざまですが、主な要因の一つはお口の中の細菌です🦠
口腔内には細菌が常に存在し、これらの細菌が口腔内の残り物や死んだ細胞などを分解することで臭いが発生します。歯周病や虫歯も口臭の原因となります。また、口の中の乾燥も問題で、唾液が不足すると細菌の繁殖が増え、口臭が強くなります。
歯磨きだけでなく、舌の裏側も優しく磨き、口臭の原因となる細菌を取り除きます。口腔洗口液を利用してお口をすすぎ、爽やかな口臭をキープしましょう。
口臭の原因によって対処法が異なるため、症状が続く場合はぜひ相談してください🙋🏼‍♀️

定期的な歯科検診も欠かせません。定期的なクリーニングや、早期発見が可能な虫歯や歯周病の検査は口腔のトラブルを未然に防ぐ助けになります。
当院では、3ヶ月に1度の歯科検診を推奨しております。
患者様の口腔状態を確認して1・2ヶ月になる場合もありますが、最適なスケジュールを提案させていただきます!

セルフケアでお口を綺麗に保って、健康を維持していきましょう🦷✨



いなだ歯科HP

衛生士、助手・受付を募集中です☆

さらにパワーアップしたいなだ歯科で

是非一緒に働きませんか(^^)💓

見学も受け付けておりますので気軽にお電話ください♪

スポンサーサイト



リラックス時のお口は??

こんにちは松原市いなだ歯科

助手兼受付の三宅です🌻




子供の頃、「お口をポカンと開かないでお口は閉じて!」と注意された覚えはありませんか?




普段お口は閉じているのが正しいのですが、リラックスしてお口を閉じている時に上下の歯ってどうなってますか?


「お口は閉じてしっかり奥歯をガチっと噛んでるよ!それが普通でしょ☹️?」と思いますか???


 


実は違うんです!🤔力を入れた時や緊張した時に一時的にグッと噛むことはあっても、リラックス時には上下の歯は離れて、くちびるは閉じ、舌の位置も大切です。舌はピッタリ上の顎にくっつける!これが望ましい状態です⭐️




常にガチっと噛んでいる人はかなり顎が疲れますし、歯や歯槽骨への負担も大きいと思います😖


もちろん、人によって力の強さは違うし、シチュエーションも違えば噛む力は違ってきます。


垂直方向の力か水平方向かでも影響は違います。だから、「力による被害」といっても、一概には言えません。


ただし、終始噛む力が歯や顎にに加わると様々なお口のトラブルが起こります😵


①歯が傷みやすくなり、詰め物や被せ物も段差ができて取れやすくなります🦷💦  時には歯が折れて抜歯になる危険性もあります😵


②力により、歯槽骨が減るのでその分歯周病が進行しやすくなります😖


③顎関節も傷みやすい(顎関節症の要因になる)


こういう症状が出るとはなかなかやっかいですね😵💦




噛むという行為のコントロールは大脳皮質などで行なわれ、無意識で行っていることがほとんどです😵


しかし、日中の噛みしめなら意識できるので、


時々「リラックスしよう」と気を付ければ防ぐ事はできます😊✨


気がついたら歯を離す🦷を心がけて下さい☺️


唇を閉じたまま歯を離しておくことに慣れたいなら、口を閉じて軽くスマイルしてみて下さい😊


感覚もつかみやすいし、印象も良くなって一石二鳥ですよ❣️




まとめ


リラックスしている時、本来上下の歯は軽く離れています。常時歯を噛み合わせていては、あごが疲れてしまいますし、歯や歯槽骨(歯を支えてる骨)への負担も大きいです💦


くちびるは閉じたまま、歯を離し力を抜いて過ごしましょう☺️💕





いなだ歯科HP

衛生士、助手・受付を募集中です☆

さらにパワーアップしたいなだ歯科で

是非一緒に働きませんか(^^)💓

見学も受け付けておりますので気軽にお電話ください♪

舌について👅

こんにちは松原市いなだ歯科


受付助手・MRCエデュケーターの北山です*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

もうすぐお盆ですね(((o(*゚▽゚*)o)))🍉🎐🏖🐠

皆さまはどのようにお過ごしになる予定でしょうか✨✨✨✨✨✨✨?

今年は猛暑日が続いてますので、皆さま体調の方だけはくれぐれもお気をつけて楽しんで下さいね(((o(*゚▽゚*)o)))♡


では、今回のお話は舌についてです👅✨✨✨✨✨


舌は、筋肉、神経、血管、粘膜の4つでできており、主に味覚、咀嚼、発音の役割を持っています!!!!


味覚に関しては、舌の表面には味蕾と呼ばれるセンサーセルがあり、これが食物の味を感知して、脳にその情報を伝えます🫶🫶🫶🫶🫶🫶🌱🌱


味覚には5つの基本的なものがあり、それぞれ甘味、塩味、苦味、酸味、うま味と呼ばれます!!!!


咀嚼に関しては、舌が顎や歯と協力して食物を細かく砕き、消化しやすくする役割を持ちます☝️💕💕💕💕💕💕💕



発音に関しては、舌が口の中で様々な形を作って、音声を発声するための補助をします。例えば、舌を盛り上げることで「し」や「ち」の音を発するなど、音声の産出に直接的に関与する機能があります🗣✨✨✨✨✨



また、舌は体内の中枢神経系と密接につながっています!!!!


たとえば、口が渇くと舌からの信号が脳に伝わり、喉の乾きを感じることができます(*^ω^*)


では、筋肉についてお話します!!!!


舌は、複数の筋肉で構成されています✨✨✨✨


主な筋肉には、長舌骨筋、横舌骨筋、喉舌骨筋、舌骨下筋、舌骨上筋、舌頭下筋、舌頭上筋などがあります!!!!



これらの筋肉は、脳からの指示に従って協力的に動いて舌を動かしたり、伸ばしたり、曲げたりすることができます!!!!


また、舌の筋肉は味覚を感知する味蕾を保護する役割も担っています🌱🌱🌱🌱🌱🌱🌱


舌の筋肉は、日常的な活動によって強化されることが知られています!!!!


たとえば、舌のトレーニングとして、舌を鼻に向けて数秒間キープする、舌を左右に動かす、舌を天井に付けるなどの簡単なエクササイズがあります👅☆

これらのトレーニングによって、舌の筋肉を強化することができます!!!!


そして舌は実は歯並びとも深い関係があります!!!!


舌の影響で歯並びはガタガタになってしまう可能性もあります!!!!🦷🦷🦷🦷🦷🦷🦷

なぜなのか…????


そのお話について、詳しくはまたの機会に載せますので、是非またブログを覗きに来てくださいね(((o(*゚▽゚*)o)))


また気になることがございましたらご遠慮なくお問い合わせ下さいませ🦷🦷🦷🦷✨






いなだ歯科HP

衛生士、助手・受付を募集中です☆

さらにパワーアップしたいなだ歯科で

是非一緒に働きませんか(^^)💓

見学も受け付けておりますので気軽にお電話ください♪

スポーツドリンクと虫歯の関係

こんにちは松原市いなだ歯科
歯科助手・MRCエデュケターの春山です(^-^)/

夏休みに入り、医院もお子様たちでにぎわっています♪

夏も本番になり毎日が暑すぎて、体もしんどくなりますね。

夏は水分を摂ることが多くなってきます。水分といっても、いろいろありますよね。

お水・お茶・ジュース・・・その中でも特に気を付けたもらいたいものがスポーツドリンクです。


スポーツドリンクには、多くの糖分が含まれています。

つまり、スポーツドリンクを飲むことで、口腔内に多くの糖分が入り込み、プラークの生成に必要な酸を作り出すことができるようになります。

糖分が多いスポーツドリンクを飲んだ場合、歯にとどまりやすく、虫歯の原因になると言われています。

虫歯の原因は「プラーク」と呼ばれる菌の膜が歯の表面につくことにより始まります。

プラークは、いわゆる「虫歯菌」とも呼ばれる「Streptococcus mutans(ストレプトコッカス・ミュータンス)」という菌が作り出す粘菌質から成り立っています。この粘菌質には糖分が含まれており、糖分を摂取することで、ストレプトコッカス・ミュータンスはプラークの生成に必要な酸を作り出すことができます。

酸性成分は、口腔内で歯のエナメル質を溶かすことがあります。エナメル質が溶けることで、歯の表面が柔らかくなり、プラークの生成が簡単になります。また、溶けたエナメル質は再生することができないため、歯にダメージを与えることになります。

さらに、スポーツドリンクは一気にたくさん飲むことがあるため、糖分や酸性成分の濃度が高くなりやすく、虫歯の原因になりやすいです。特に、運動後にたくさん飲む場合、口腔内の菌は活発に活動し、プラークの生成に必要な酸がたくさん生成されます。この状態が続くと、歯にダメージを与え、虫歯になる可能性が高くなります。

特に歯と歯茎の境目のあたりに、スポーツドリンクが残りやすく、そこが虫歯になりやすいです。

ただ、スポーツドリンクには、運動中に失われた水分・電解質を補うことができるという、素晴らしい点もあります。

運動中にスポーツドリンクを摂取する場合は、適量を守り、口腔内を清潔に保つことが重要です。

スポーツドリンクを飲んだ後は、歯を磨くなどのケアをし、口腔内の菌や酸を除去するようにしましょう。このようにすることで、虫歯を予防することができます。

これからさらに暑くなりますので、水分補給は必須です!

こまめに補給し、脱水症状にならないように気を付けましょうね。





いなだ歯科HP

衛生士、助手・受付を募集中です☆

さらにパワーアップしたいなだ歯科で

是非一緒に働きませんか(^^)💓

見学も受け付けておりますので気軽にお電話ください♪

親知らずの欠損率について

こんにちは松原市いなだ歯科

こんにちは!4月に入社した歯科衛生士の鈴木です🌼



みなさん海の日はお出かけされましたか?🏝🫧


暑い日が続いているので熱中症には気を付けてお過ごし下さい



今回は『親知らずの欠損率に』ついてお話しします!


欠損率とは、元々親知らずが無い人の割合を言います。


親知らずの欠損率は人によって異なりますが、一般的には人口の約25%から35%の人が親知らずの1本または複数の歯を欠損しています。


親知らずは通常、大人になってから生えてくる歯の一つであり、口腔の構造や遺伝的要因などが欠損率に影響を与える可能性があります。



世界的にみても、日本人は親知らずの欠損率がとても高いのです。


一方、熱帯など温暖な地域に暮らす人たちの欠損率はかなり低いといわれており、進化の過程で親知らずが地域や環境の影響を受けたと考えられています。



親知らずの欠損はさまざまな理由によって起こります。


一つの理由は顎の成長によるスペースの不足です。人々の顎のサイズや形状は個人差があり、親知らずが正常に生えそろわない場合があります。この場合、親知らずは歯列にフィットせず、他の歯に圧迫されることがあります。


また、親知らずが正常に生えるためには十分なスペースや適切な角度が必要です。顎の形状や咬合の問題、既に生えている歯の配置などが、親知らずの健全な発育に影響を与えることがあります。


逆に、親知らずが問題なく、まっすぐ綺麗に生えてくる人は全体の30%と言われています。



親知らずが欠損していても全く問題はないので、治療なども必要ありません🦷


一方、親知らずが生えてきて、歯茎がよく腫れる、痛みがある、虫歯になっている、手前の歯を押して歯並びを乱しているなどの他の歯に悪影響を及ぼす可能性がある場合は、抜歯を勧めることがあります。


親知らずがあるとトラブルのもとになる可能性が高くなるので、元々親知らずが無いというのは喜ばしいことと言えるかもしれません😌



ぜひ、お口全体のレントゲンを撮って、親知らずの状態を確認してみてください🙋🏼‍♀️





いなだ歯科HP

衛生士、助手・受付を募集中です☆

さらにパワーアップしたいなだ歯科で

是非一緒に働きませんか(^^)💓

見学も受け付けておりますので気軽にお電話ください♪